冷え症・超短波治療
パンくず

麦わら整骨院TOPページ >> 冷え性・超音波治療


冷え性で悩んでいる方へ

        冷え性に、

冷え症に悩んでいる方へ、漢方薬や電気毛布の利用など自己流の対策でしのいでいませんか?

冷え症は病気ではないから、病院に行くような症状ではないと思っていませんか?

冷え症とは手先・足先が冷たく感じるというだけでなく腰痛や肩こり、特に女性の場合には極度の生理痛や便秘、子宮筋腫など各種参婦人科系疾患を併発するケースが多くあります。

まず、あなたは自分がどのタイプの冷え症ですか?
冷え症にはいくつかのタイプがあります。

冷え性で悩んでいる方へ

冷え性のタイプ

 ●血管拡張型 … 足先温度:30℃±1℃

◆自律神経失調タイプ

季節を問わず身体全体がいつも冷えているように感じるタイプ。便秘や下痢を繰り返したり、胃が弱かったり、頭痛や腰痛がある。

◆隠れ冷えタイプ

肩こり、腰痛、めまいなど、不定愁訴を持つ人は要注意。手足にほてりを感じたり全身にゆがみがあったりという症状。


 ●血管収縮型 … 足先温度:17℃±1℃

◆末梢血管収縮タイプ

秋から春先まで手足の先が冷える一般的な冷え性タイプ。つめ割れやささくれができ、血行が悪いので肩がこったり、しもやけができやすい。

◆内臓冷えタイプ

上半身はほてるのに、下半身は冷えるタイプ。生野菜や果物、コーヒー、、お茶、牛乳が好きで、生理痛がひどく、腰痛や便秘にもなりやすい。

◆血行不良タイプ

貧血、低血圧、低体温のいずれか、またはすべてを持つ人に多いタイプ。一年中体全体の冷えを感じる。特に足先、手先が冷える。基礎代謝が低いために何かをするとすぐにだるくなり、体力もあまりない人が多い。

◆甲状腺機能低下タイプ

寒がり、低体温(36℃以下)、疲れやすい、無気力が当てはまると危険。このタイプは便秘がちで太りやすく、肌や髪も乾燥し、汗もでにくい。

◆セルライト体質タイプ

おしり、太もも、腹部の皮膚にオレンジの皮上のデコボコがある。おしり、太もも、腹部、ふくらはぎが冷え、ダイエットしても効果がない。


超短波による冷え症治療

        上でご紹介

上でご紹介したように、一口に「冷え症」と言っても、そのタイプは様々ですがそこに共通して当てはまる原因が実は、自律神経の乱れなのです。

人の身体の奥深くにある自律神経の緊張を和らげて、冷え性を根本から治してしまおうというのが、麦わら整骨院の行う超短波療法です。

この治療では、深部熱を発生させ必要部分を活性化させて改善に導かせるパルス超短波治療器 SW-201を使用しております。


治療方法

◆超短波治療

深部加熱効果の高い超短波エネルギーを「腹腔神経叢・腰部神経節」に照射し、自律神経の緊張状態を緩和させます。これにより全身の血行不良が改善され足先をはじめとする体の末梢部位まで血液が充分に行き渡ります。また自律神経を調整することにより肩こり・腰痛・生理痛・便秘・その他婦人科系疾患にも大きな効果を発揮します。

治療方法は、腹部と腰部に超短波を照射します。1週間に2〜3回治療を行った場合、早い方で2週間、比較的時間のかかる方でも3ヶ月以内に約8割の方の症状が改善しています。

----

ページTOPへ

お問い合わせはお電話またはメールでお気軽に

sitemap

冷え性に関する相互リンクサイト
冷え性に関する相互リンクサイト

g.a