設備紹介
パンくず

麦わら整骨院TOPページ >> 設備紹介


設備紹介

        設備紹介

麦わら整骨院では、最新の治療器で患者様一人ひとりに合せた心のこもった治療を行います。 以下に主要設備をご紹介いたしますが単一の治療器のみで治療するわけではございません。 治療器を併用したり手技などを用いて患者様のもつ痛みや苦痛を緩和し、早く良くなって喜んでもらえるよう、保険治療と保険外治療を併用した治療方法を行っています。診察料金については患者様が気軽に通える金額に設定しておりますのでご安心してご来院ください。

        --


ラジオ波深部温熱療法(ラジオスティム)

ラジオ波深部温熱療法(ラジオスティム)
総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

筋肉や脂肪層まで奥深く届くラジオ波(0、3〜0,5MHz)という高周波によって、体内の水分や細胞分子などを振動させてジュール熱(摩擦熱)を発生させ、身体全体の温度を内側から上昇させることで代謝が活性化します。これにより手技では届かない体の深部の頑固なはりや凝り、痛みといった筋緊張を効率よく治療、改善することができます。
施術スタッフによる手のマッサージに深部まで届く温熱効果が加わることで、今までにない体がほぐれていく心地よさを体感いただけることと思います。 ラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い高周波のことです。医療分野でも広く使用されているもので、人体に影響はありません。

・ラジオスティムはこんな人におすすめです
肩こり、腰痛、ひざ痛に悩んでる
しつこい慢性痛
頑固なコリ、だるさ、疲労感が出やすい
冷え性やむくみがつらい
代謝の改善とアップしたい
自律神経のバランスを改善したい
スポーツパフォーマンスを向上させたい
不妊症、婦人科疾患でお悩みの方

・効果
新陳代謝の促進
血流・リンパ循環の改善
免疫力向上
関節可動域の改善
交感神経の緊張緩和(ストレス軽減)
ラジオ波により、細胞温度が上がる事で、傷ついたタンパク質を修復し、元気な細胞にしてくれる「ヒートショックプロテイン」の産生が活性化され、痛みの改善が促進されます。


--


総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

    総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)
総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

サッカーや柔道、水泳など様々なスポーツの世界で活躍する選手の、施術及びコンディショニングをサポートしている装置です。ES-530は立体動態波をはじめとする、9種類の電気刺激モードを搭載しています。

麦わら整骨院では、超音波療法と高電圧電気刺激療法(Hi-Voltage)を使用して治療を行います。

この装置を用いた超音波療法は、除痛や関節・筋の硬さの改善に活用できます。また、高電圧電気刺激療法(Hi-Voltage)では、捻挫や突き指、脱臼、靱帯損傷・断裂などの外傷、オーバーユースから生じる腰痛、関節炎などのケガや疲労に対する除痛や腫れの改善に活用できます。さらに、超音波療法と高電圧電気刺激療法の双方を併用することで炎症を抑え筋肉の張りの緩和ができます。当院では主にスポーツ外傷・座骨神経痛の治療に使用しています。


--


微弱電流治療器 ソーマダインアクシー

   微弱電流治療器 ソーマダインアクシー
総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

微弱電流治療器ソーマダインアクシーは、細胞のもつ電気的性質を正常・活性化させることを目的にした治療器です。人の身体は、細胞組織が損傷(ケガ・病気)すると正常組織から微弱な電流が流れ自己修復していきます。その微弱な電流を人工的に作り出す治療器です。身体に微弱電流を流すことにより体内の細胞のイオンバランスが整い、細胞が修復され、生き生きとしてきます。

麦わら整骨院では、主に肩こりや片頭痛(偏頭痛)腰痛、五十肩、腱鞘炎、座骨神経痛、しびれ、突き指、寝違い、むちうちなどの神経・筋肉の疾患。また、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの体質改善、その他、不眠症や疲労回復。にきび、しみ、肌荒れ、顔のたるみ、むくみなどには美顔エステとして微弱電流治療器を使用しています。


--


パルス超短波治療器 SW-201

   パルス超短波治療器 SW-201
総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

パルス超短波治療器 SW-201は、深部熱を発生させる器械です。必要箇所に当てることで、その部分を活性化させて改善に導かせる治療器になります。

麦わら整骨院では、全身の血行や新陳代謝を調節している器官を超短波治療器で活性化させることによって冷え症 を改善に導いていきます。この治療方法は、身体の深部まで温めることの出来る超短波治療器独自の治療法になります。

冷え症の方は、自律神経の働きが弱まり、心拍数、呼吸、発汗、体表面の温度調節など、さまざまな機能のリズムが崩れています。近年では女性特有の症状ではなく男性や若年層にも著しい増加傾向が見られます。冷え症は、まさに社会を反映している現代病と言えるでしょう。


--


干渉電流型低周波治療器 スーパーカイネ SK-9WDX

   干渉電流型低周波治療器 スーパーカイネ SK-9WDX
総合刺激装置 ES-530 (低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器)

干渉電流型低周波治療器 スーパーカイネ SK-9WDXは、心地よい刺激で疾患を治療する治療器です。干渉波とは、低周波の一種で、2種類の異なる電流が干渉しあい新たに合成された電流が干渉電流です。深部の筋肉刺激が大きく、神経刺激でも不快な刺激感覚が少ないです。皮膚の不快な感覚が少なく、慣れによる効果の減弱が生じにくいことも特徴です。

患者様一人ひとりの好みに合わせて刺激の強さを微妙に調節でき、肘や膝などの局所的な治療に適しています。

麦わら整骨院では、局所マッサージや鎮痛、消炎、局所血行改善を目的として、関節炎や腱鞘炎、運動麻痺、神経痛などの治療に使用します。


--

お問い合わせはお電話またはメールでお気軽に

sitemap

g.a